紅舎

女の子が生まれたとの報せを受けた時、

父が見た西の空は

紅(くれない)に染まる夕焼け空が広がっていたそうです。

その頃の母のノートには、

私の名前の候補が幾つも書き連ねてありますが、

父が見た紅(くれない)の空が命名の決め手になったのでしょう。

私は紅仁子(くにこ)と名付けられました。

その日父が見た夕焼けはどんな紅色だったのか。

思いを馳せて眺める西の空は、毎日違った色で暮れて行きます。

 

私(紅)の家(舎)という意味の「紅舎(べにや)」という屋号で

工房を運営し、手仕事に励んでいます。

紅舎が生み出したものは、

日常の暮らしに必ずしも必要なものではありませんが、

日々の暮らしにほんのりと紅を差し、

手にすると心華やぐような

そんな日用の品を作って行きたい、

そんな思いでこの紅舎を営んでいます。

 

刻一刻と変化する夕焼け空のように、

私たちの心も体も変化します。

歳月を経てひとつずつ次のステージへと上がるその度に、

過去を悔やまず

未来を憂えず

今をよりよく生きる為の日用のアイテムとして

紅舎の品を手にして頂けたら幸いです。

 

紅舎
店主 後藤紅仁子